雪降る森ならデザートカラーのレミントンM24‼

雪原ステージで狙撃する時に失敗せずにどんどんキメる為の極意を授けよう‼‼‼‼

これから冬だよね?冬になってサバゲーするといつもと状況が違って戸惑うよね、歩きにくいし雪に光が反射して視界も悪い。そこで活躍するのが狙撃での前衛へのサポートな訳だが、普通の狙撃ではいけない!だからこれからいい事を伝授しよう。見た人人生得するよ!

ステップ1【装備】

雪上戦で白い姿で挑むのは常識だが、実は銃にこだわっている人はあまり居ない。雪上戦でバレ易いのはブレイザーR93やドラグノフの様な複雑なつくりをしている物だ。そこで使えるのがシンプルisベストの伝道師『レミントンM24』だ。M24の作りはシンプルで、雪に紛れて普通の物より見え辛くなる。カラーはホワイトよりデザートだ。何故にデザートかは企業秘密で言えない。

ステップ2【狙撃ポイント】

狙撃のポイントは狙撃手の命運を決める大切な物なので慎重に選ぼう。お勧めは的の前でもなければ味方の後方でもない。それは、交戦エリアの横25mだ。通常狙撃手は木の上か砦または味方の後方に居る。その為敵はよく相手の後ろや相手の周辺エリアに注意を向ける。そこで交戦エリア付近だ、正に敵の意表を突く位置だね。どうしてかは言わなくてもわかるよね?敵の注意が向かなくて落ち着いて狙撃出来るし、味方のピンチを察知しやすいからだよ。

ステップ3【便利ツール】

雪上狙撃で大切な物…それはカイロだ!だってぇ寒いしぃ、ほら狙撃ってじっとしてるから余計に寒いんだよねえ。