■甘いマスクと脅威の3P、ステフィン・カリー

レブロンと並ぶNBAの顔、NBAに新しい時代をもたらしたのがステフィン・カリーという選手です。カリーはお父さんも元NBA選手、弟もNBA選手というバスケットのサラブレット、甘いマスクで女性にも大人気の選手。2014-15、2015-16シーズンと2年連続でNBAのMVPを受賞(2015-16シーズンは史上初の満票でMVP)しました。全てのプレーにセンスあふれる選手なのですが、彼の最大のスペシャリティはなんといっても3P(スリーポイント)にあります。

 カリーはNBA歴代でも間違いなく、しかもずば抜けて最高の3ポイントシューターです。シュート頻度もシュートを打つタイミングやテクニックも完全に異質な存在です。

 

 

■カリーはどのくらいすごいか

下のデータはNBAのシーズン3P成功数のランキングです。TOP10のうち、TOP3を含む5つが(直近5年間)カリーの記録です。そして成功数をみてください。402本という成功数はカリーが現れる前までの記録(269本)の実に1.5倍の本数です。ちなみに歴代TOP100位の本数は185本。100位と6位の差(269-185=84本)より、1位と元1位(6位)の差(402-269=133本)の方が圧倒的に大きいのです。

f:id:ydk8100:20170810211958p:plain

 そして、TOP10のうち実に8つの記録が全て2010年以降の記録です。上記青の部分です。(※【補足】ちなみにTOP100のうちだと約半分が2010年以降の記録です)

これで3P新時代のトレンド、そしてカリーの記録の異常さを感じていただけるのではないかと思います。

 

■カリーが示す圧倒的なデータ

NBA全体の2Pシュートの平均確率は約45%、50%を超えれば超一流選手です。(2016−17シーズンで50%を超えた選手は27人しかいません。)

NBA全体の3Pシュートの平均確率は約35%、同様に40%を超えれば超一流です。(2016-17シーズンで40%を超えた選手は26人しかいません。)

カリーの3Pは45%近い確率で決まります。上記の圧倒的な成功数を45%の確率で決めてしまうのです。45%の確率で3Pを決めるカリーと同じ本数の2Pを50%の確率で決めたとしても仮にシュート数が100本であれば、135対100まで差が開いてしまいます。

 バスケにおける3Pの重要性は日に日に増しています。NBAで3Pが採用された約35年前に比べて1試合あたりの3Pシュート数は10倍以上、2000年と比べても倍の数になっています。(2000−01シーズンで全チーム平均13.7本、2016-17シーズンで同平均27本。)今ではNBAのシュートの約4本に1本のが3Pになりました。

もちろんカリーの3Pは全チームに警戒されます。それでも時には特異なタイミングで、時にはラインより遥かに遠い距離の位置からのシュートが面白いくらい決まります。

 

■ジョーダンとは別の潮流がようやく

カリーというスターの登場とともにもたらされたこのトレンドは明らかにマイケル・ジョーダンの時代にはなかったものです。そしてカリーのシグネイチャーシューズが今までの主流だったナイキではなくアンダーアーマーであることも、今までの潮流とは違う新時代のヒーローが登場したことを後押ししています。バスケットボールという競技にとっては、あまりにも強すぎるジョーダン(そしてナイキ)の影響外でこれだけのスターが生まれたことはとても喜ばしいことです。かつて世界中のバスケ少年たちがマイケル・ジョーダンのプレーを真似したように、いま彼らはカリーのプレーを真似しています。 

そしてNBAのトレンドが変わればもちろん日本を含めた世界のトレンドも変わります。世界中のトレンドが今まさに変化の最中にあり、今ではジョーダンの系譜を受け継ぎつつ3Pの能力を兼ね備えたハイブリット型の選手も生まれつつあったりと、進化がどんどん進んでいるのです。

 

 〈データ参考〉

NBA.com/Stats | Season Leaders

NBA & ABA Single Season Leaders and Records for 3-Pt Field Goals | Basketball-Reference.com

8100.hatenablog.com