スーパーボウル

デンバーブロンコスVSカロライナ・パンサーズ

日本時間AM8:30放送開始AM9:00キックオフ…だったのですが寝坊して起きたのが9:30

慌ててPCを付けてNFLgamepassで放送を見ました。

 

とりあえず見てて凄いなと思ったのは映像技術。

定点カメラの映像を止めたと思ったらまるでゲームみたいにフィールドを中心に360度回ったのが一体どういう仕組みなのかすごい不思議だった。

多分、複数のカメラを用いてパノラマの様に繋げてるんだろうけどこれならカメラの視点で死角が出来ないだろうしチャレンジがある色んなスポーツにこのテクノロジーが使われたらいいのにね。

 

印象の残ったプレイは、

マニングのダミーで仕掛けたオマハ、セットのコール

CJアンダーソンの4Q最後4分でのタッチダウン

 

最後のタッチダウンに関しては2点コンバージョンまできっちり決めて残り4分の時点で1TD以上の差を付けてデンバーブロンコスの勝利を決定づけたものだった。

 

まさか攻撃が不安定な時があるブロンコスでここまで一方的な試合になるとは思ってなかったけど、去年のようなPAT勝ったというよりSEAが負けた試合と違ってハッキリと勝負がついたのは気持ち良かったかな。

 

これからマニングがデンバーで契約更新するのかインディアナポリスに帰るのかそれとも別チームなのか引退するのか。オフシーズンのニュースも気になります。