先日の勝福寺の大イチョウに引き続き、今回は「勝福寺と八幡神社境内の樹叢(じゅそう)」です。

勝福寺と八幡神社は隣あわせ、同一境内にあります。
◆説明によれば・・・
「寺院と神社との間には境界はなく同一境内にあるような現況で神仏習合時代の面影を今に残している」とのこと。

この「勝福寺と八幡神社境内の樹叢」も神奈川県天然記念物に指定されている古木群です。イチョウの他、カヤ、ケヤキなど大木が何本あり、森のようになっています。

八幡神社の社殿の隣にある立派なカヤの巨木。この木は幹回りも太く、すごい存在感です。
f:id:yummy21:20110824093753j:image:w400

こちらもカヤの巨木。こちらと比較すると上のカヤはかなり大きいですね。
f:id:yummy21:20110824093404j:image:w400

このような巨木ばかり!私のほうもすっかり充電できました。
f:id:yummy21:20110824093416j:image:w400