佐賀県唐津市の港に金塊約206キロ(約9億3千万円相当)を密輸したとして、佐賀地検は22日、関税法違反(無許可輸入)の罪で船長、斎藤靖昭容疑者(49)や中国人の男ら計8人を起訴した。認否を明らかにしていない。

 門司税関によると、金塊は1枚約1キロの延べ板で、1回の押収量としては過去最多となる。

 ほかに起訴したのは、仙台市の会社員、木下憲一容疑者(65)や、いずれも青森県むつ市の職業不詳、浜本勝治容疑者(45)、無職、山崎聡容疑者(41)ら。

 起訴状によると、5月30〜31日、東シナ海の公海上で国籍不明の船から金塊約206キロを受け取った後、小型船に積み込み唐津市の港で陸揚げしたとしている。

http://www.sankei.com/west/news/170622/wst1706220079-n1.html

コメント一覧
失敗したらお返しして再チャレンジさせるの?
金塊返還やめて没収できるように法律を変えろよ
キャッチボールするだけで刷ったもん増える
汗して働く奴は馬鹿なだけ
ですね
安定の木下
>>3 だよなw、犯罪行為の立証の証拠物件でもあるんだし・・・。
>>3
刑罰と財産権は別だよ
永久追放、入国禁止の法整備しろよ!
関税払って、罰金払っても、金塊さえ戻ってくれば何度でもやり直せる。
>>7
国内にあるはずの無い物品を持ち込んで
他の人が持ってる国内所有分の価値を薄めてるって判断はされないかな?