完璧主義者は自分に義務を与えている。自分にプレッシャーを与えて自らを駆り立て追い詰める。そして自分を高める。しかし自分にプレッシャーを与えているだけに、普通、みんな頑張ったら疲れるのに頑張らなかったら疲れる。休んだら疲れる。頑張らなかったら自己嫌悪。心の底から休むことができない。これは辛い。くそ真面目過ぎる。自分に義務を与えるのではなく自分に権利を与えよう。自分に義務を与えている時点で意欲とは思えない。この世の中、一人だけで生きていけると思ったら大間違い。何でもかんでも自分一人に責任を与えていたらストレスがたまって人に当たり散らす。責任転嫁をしてしまう。嫌われる。でも他の人間にはなぜか分からない。コミュニュケーション障害になる。自分の殻にこもるな。他人に対しても完璧を求めていたらいつまでたっても友人はできない。人との関わり合いがないと前方に悪いイメージばかり想像してしまう。完璧主義者の人間、あなたたちは悪くない。自分を責めないで下さい。自分が何をやりたいかをじっくり考えて、自由に、好きなように生きよう。失敗を恐れずやってみよう。いつまでも石橋を叩いて渡っていたらいつまでたっても渡れない。過去にとらわれないで、前向きに。もう子供じゃないんだ。失敗を恐れず、失敗してもいい。分からなくなったら人に聞こう。とにかく、自分を好きに、そして人を好きに。やってみよう。視野を広げて新しい自由な人生を。